掲示板や経歴で顔合わせを探す女性が多い

ずっと、PCMAXが実施したアンケートで奥様の内的や実施を探ってみたいと思います。「出会う時に使う中身はどちらですか?」という疑問に対する受け答えがここ。
★受け答え写真
掲示板が50パーセンテージを占めていますね。そして次に経歴が30パーセンテージとなっています。PCMAXだけに限らず、ホームページで紹介している幸運メールやワクワクメールなどの有名高級出会い系サイトの掲示板は心から充実していて活発なんですよね。出会いたいと思った奥様の両方に1ヒトが掲示板においているわけですが、掲示板への口コミ数の膨大さを見てみると、そういう結果になることがよく分かります。そして、出会うところ「父親の経歴を見る」と答えた女性が30パーセンテージを占めているわけですがどうしても多くて些か驚きましたね。出会うところ経歴を見るは、経歴サーチを通じて気になる男性に自己アプローチするというやり方になるのでしょう。奥様からの手段を期待するのであれば経歴の入力が重要であるということが、このことからもよく分かります。無味乾きなダイアログで放置しておくのではなく、ちょこっと手間をかけて書いておけば奥様の目のとまる率は絶対に上がりますよ。そのあべこべの事も言えるわけで、出会いたいと著しく思っている女性は経歴を充実させているんですよね。経歴を充実させるために頻繁に更新したりもするわけです。そういう奥様を見つけるには、経歴サーチでサーチ順を『経歴入れ替え順』で調べると見つかるんですよね。奥様サイドもこうしたやり方をしているヒトはいると思うので、多少なりともいいから経歴を時折更新していくと、多くの奥様の目にとまることになりそうですよね。サイト選定とサイト使用方法をちょっと変えるだけ

“おんなじ性癖のセフレと最高に涼しいセックスを味わう熟妻”

“43年の熟女人奥様が書くPCMAX感想です。セックスの最中の気持ち形容なども赤裸々に書かれていて、女気持ちはもよく分かりますね。
【PCMAX感想・43年人妻(和歌山県内)】
我々はソフトMです。目下、PCMAXで4ヶ月くらい前に知り合ってから定期的にお会いしている男性がいます。その方と前日に旅館に行きました。旅館のホールに入ると、赤いベッドに、手錠がありました。それもアプローチの手錠と脚の手錠の両者があったんです。とっくにそれを見ただけで相当興奮してしまいました。ドキドキしてきて、アソコが疼くのを抑えられませんでした。未だに何もしていないのにアソコは濡れていて、ひいてはクリも立っています。身はよくクリは大きくならない人間だとしばしばおっしゃるんですが、この時ばかりは大きくなっているような意思がしました。ライバルの方も、それを見ていまや興奮しているような体感でした。さすが性癖がおんなじライバルはセックス相手として最高ですよね。そして一緒にベッドに傍らになり、亭主が次第に私の胸を揉みながら感じる乳首を舐めたり吸ったりしてくれました。今日はこれだけでもいよいよ最高に感じまくりです。それから几帳を通じて、まずはアプローチを手錠されて、そしてアクセスの手錠されました。両手と両足を拘束されたのはついにだったんですが、まさに凄い興奮してしまいました。拘束されるとなぜこんなに興奮してしまうんでしょうか。再びアソコはぐっしょりでした。専ら亭主のモノをいれて欲しくてたまりませんでした。亭主もいつもより興奮しているのは歴然で、楽しみながら、手錠をした鎖に、グングンロープを追加してきました。これで私の権利は完全に奪われてしまいました。亭主が私のカラダを弄り、そしてクンニしてくれました。舌で私のアソコを舐めたり吸ったりしてくれた以後、次に電マを亭主が取りだしました。「あっ、あっ、御法度。正にもう一度ダメー」と身は叫びながら、何回もイってしまいました。これ程叫んでしまったのはくらしで何とかです。そして何度もイッた後に、亭主のモノが私の中に入ってきました。亭主のモノもいつもより大きくて、そしていつもより何ダブルも清々しく感じました。手足は、拘束されたとおり。身は気持ち良すぎてよだれを垂らしまくりです。よだれを垂らすなんてこともついにでした。でもそういったプレイが出来るっていうのも、絆があるからですよね。最初はカラダだけの関わりから始まった触れ合いですが、今ではスピリットも亭主に完全に奪われてしまっています。亭主は優しい人ではあるし、別途関わりが悪いという結果はないんですが、でもこんな事は絶対にしてくれないですからね。以前は感じていた亭主への引け目が最近はグングン薄れてきているのを感じています。”

“舐めてほしいと懇願する強烈にエロい人妻とのセックス”

“強烈にエロい人妻に出会い、セックスをしたという内容のPCMAX書き込みです。出会い系サイトを使ってると、エロい人妻に出会うことって本当に多いようですね。自分「舐めてほしい」と誘ってくる人妻って何だか凄いですよね。
【PCMAX書き込み・42年齢パパ(東京)】
この前の日曜日の夜の事例です。ここの掲示板を見た人妻から「舐めてほしい」という、どストレートな内容のメルアドがあったんです。そこでLINEIDを交換してラインで連絡を取り合い、0機会過ぎという深夜に会うことになりました。仲間は人妻ですよ。人妻も最近は平気で深夜に家屋を出ることってできるんですね。待ち合わせてアッという間に旅館に行き、そして座敷入るとアッという間に、貪るようにキスしてきました。もうこの際から強烈なセクシーさが伝わってきました。そして愛撫、それからご要望のクンニをたっぷりと時間をかけてしました。そしてこれから導入。妻は円滑位でも自分で腰を動かしていました。思いの外すごいはじめ回戦が終わった後、こちらは小憩しようと思っていたのに、総じて休憩する時間も無く、キスしながら指マンをおねだりされました。「あっ!すがすがしい!ふむふむ一段と!もっと大きく動かして!」などと言いながら、自分の清々しい位置を探り当てるかのように腰を動かしている見かけが心底エロかったですよ。こんなに娯楽に貪欲な女性は一番初めてです。何かと細かいご要望があるので(笑)、どうしても一所懸命頑張りましたよ。そして指マンでイクと、またアッという間に休憩することもなくコッテリフェラが始まって、依然として先程果てたばかりのチンコをビンビンにされて、自分から上に乗っかってきました。妻は騎乗周辺が一番好きな身構えらしいです。あまりにも酷い腰の振りにイキみたいになってしまったので、ひとたび抜いてからゴムを付け、円滑周辺、裏と身構えを変えながら突きまくりました。身構えを変えるごとに何度も何度も貪欲にイキまくっていましたよ。やっぱり今まで経験がないくらいの耐え難いセックスだったので、終わった後に疲れ果てて知らない間に眠ってしまったみたいなんです。ぱっぱと目が覚めると、もっと妻の感じはなく時間は既に午前の7機会でした。慌てて携帯をチェックすると、妻からラインが入っていました。「熟睡していたので先に帰りますね。今日は本当に気持ち良かった。有難うね。」という声明が4機会過ぎに入っていました。置いてきぼりは何か寂しかったですが、でも一体全体エラい出来事でした。人妻の欲情の凄さを身をもって知ったという感じですね。”

“北海道で人妻と出会いセックスした出会い系サイト書き込み”

“北海道にツアー中にPCMAXにおいて人妻と出会えたという内容のPCMAX体験談がありました。旅先で出会うはとにかく興奮しますよね。
【PCMAX体験談・45年齢旦那(都内)】
ここで最高の顔合わせがありました。北海道に旅行することになったんですが、ホームページでメールしていたマミーと旅先で会う公約をしたんです。それは凄い寒い夜間でした。約束したランデブーの場所に行くと自分がもう一度大変多くて、相手の女性が大いに分からなくて必ずや焦りました。何とか約束したのに、このまま淋しい夜間を送るポイントになってしまうのか、と。そして諦めかけたところ、マミーから声をかけてくれたんです。ようやく無事に会う事ができました。ちゃんと嬉しかったです。メールで航海内容をお願いしていたわけなんですが、メールの考え方よりも余計対応が柔らかくてだいぶ実直なマミーだったので、一瞬で気に入ってしまいました。ディナーはお寿司を一緒に食べて、談話も凄く弾んで、ずいぶん相応しい模様になったので、食後に丸々夜のすすきのへと向かいました。ベッドの上では最初は恥ずかしがって地味だったんですが、どんどん念願に素直になっていくような感じで、最終的には乱れまくって、そして大きな喘ぎ意見を上げていました。セックスが終わった後、何かと話をしている時に告白されたんです。実は人妻ですということを。結婚して6世代目に関してでした。ただもう父親との人付き合いは完全に冷え切っているに関してでした。顔合わせみたいにおいて今までに何人かの女性に出会ってきたんですが、人妻君は初めてでした。そして帰りにはまた今度会おうと言って、方策IDを交換して、抱き合ってそして握手を通して別れました。翌日、都内へ帰るためにエアポートに到着すると、台風の影響でエアーが飛ばなかったんです。しかたがないので、その日の宿を探すことにしました。今夜は1自分か、と思いつつも、昨夜方策を交換したので思いきって連絡してみました。人妻なんでもっての外だろうなぁと思いつつも。そして答えがあり、誠に会えるに関してになったんです。そして、すすきのの嬉しいラーメン屋君に連れていってくれました。旅先で2日間も会えるなんて、ぜんぜん仮想もしていなかったのではなはだ嬉しかったです。彼女には正にサンキュー。ただその日は父親がアパートにおけるとして、セックス内容で別れることになりました。短い時間だったんですが、誠に優しいタームを過ごすことができました。そして今でも連日メールをしています。ガンガン彼女の事が好きになっていきます。そして次は12月に会う公約をしました。いるポジションは1000寸法限りも離れているんですが、今ではもう差異はほとんど気になりませんね。笑顔が素敵でやさしく実直な彼女。旅先での顔合わせというのは、正に素敵だなぁと思いました。何か一生的ものを感じてしまいます。例え人妻であっても、彼女との人付き合いはこれからも大切にしたいです。”

“車内でフェラしてくれ精液をあれこれ飲んでくれる人妻”

“フェラチオが大好きだという人妻とのエッチな書き込みが綴られたPCMAX書き込みです。エッチな人妻って意外と多いですよねぇ。
【PCMAX書き込み・43年齢メンズ(滋賀県内)】
PCMAXで知り合ったセフレ関係の人妻がいる。常に会うたびにセックスするような脈絡ですが、この前はお互いの都合がつく日光に女房がメンスだったんです。だからたまにはセックスなしでお食事デートを決めるに関してになりました。詰め所で女房を自動車に乗せると、エッチ無しのお約束だったのにいつもの伝統から、衣服の上から乳房を触りたくなってきました。いくぶんオッパイを触っただけで、女房の息遣いが荒くなってきました。そういう女房の面持ちを見ていると昂奮が高まってきました。我慢できずに胸元に戦略を突っ込んで乳首をコリコリすると、女房の戦略が自然とこちらの股間をまさぐり始めました。そしてジーンズのリンクを外してファスナーを下ろし、ショーツに手を入れてきて、おちんちんをシコシコし始めました。女房はフェラが大好きです。常に美味しそうにフェラできるんです。自動車を琵琶湖岸の間近回廊に止めて、パンツを下ろして席を倒し、女房は僕に被さってビンビンになったおちんちんを口に含んでくれました。フェラやる女房のノースリーブの衣服をブラごとズリ降ろして、胴体真裸の状態にして乳房を揉みまくりました。女房にはフェラチオわざは酷いので、いつも極めて直ちにイってしまうんです。そして常に精液を全額ゴックンできるんです。今回の同じようにしてくれました。そして少し余韻を楽しんだ後に食物に行きました。食物が終わってまた少しドライブしていると、またまた婀娜一筋に殴り込みしました。前述と同じように間近回廊に車を止めて、またベストフェラが始まりました。丁寧に舐めてくれ、そしてまた最高のイカせテクを使ってくれて、直ちに口の中でイってしまいました。無論全額飲んでくれました。本当にフェラが好きな女房です。Mッ意思が強いマミーってフェラが大好きということがおおいですよね。でも男性以外の父親のちんちんをここまで舐めまくり、各回当たり前のように精子を飲み干すは強烈にエロいですよね。帰りがけのキスで女房の口から漂う生々しい香料が淫らさを演出していました。女房のフェラははたして癖になって、既に離れられないですね。”

“41年の人妻が語る年下の妻との天命最高の暇”

“41年の人妻が書いているPCMAX評定です。年下の亭主との鉢合わせが運命で最高の事柄であったと書かれていらっしゃる。確かに浮気の鉢合わせではあっても、そのように思えるは最高ですよね。
【PCMAX評定・41年人妻(岡山県内)】
最高潮で出会った25年の素晴らしい男子がいるんです。3日前に会って、3回目線のエッチをしました。いまだに体の命運が抜群で最高によかったし、はたしてキャラクターもいいし、きめ細かい最高の男子なんだけど、だからこそ別れるという気力をしました。「もう私と会うのは止めた方がいいよ」って、説教じみたことを言いました。むしろそういったゆかりは普通じゃないといえば普通じゃないわけですから。表面からは浮気のゆかりと言われて、さすが後ろ指を指されるわけですからね。まだまだ初々しいし、きめ細かいしクールんだから、すぐにでも若々しくて愛くるしい、素敵な恋人が見つかると思うんです。私みたいな40過ぎの人妻と会ってる退屈があればきちんと若い恋人を作りなさいって言いましたよ(笑) そして次の対象は私のような人妻ではなくて、独身人間にしなさいと。今までに出会い系サイトを思う存分使ってきて、沢山の年下の男と出会ってきたけど、こんな事を言ったのははじめてですね。あまりにもよろしい方だったし、本気で好きになったから。「そこまで言うなら、わかったよ。そうするよ。」って亭主に言われた時折無性に淋しい感覚になっちゃいましたけどね。でも冷静になって最近振り返ってみて、案の定これでよかったとしてます。別れ話をしてからの最後のセックスは、今までの運命で果たして最高の物質でした。セックスの最中に亭主が泣くので、こちらも年甲斐もなくポロポロと泣いてしまいました。浮気の鉢合わせであっても、これ程有難いゆかりになれたわけです。亭主との鉢合わせのおかげで、運命って捨てたものじゃないなぁって思いましたよ。ちょい大げさなコピーかもしれませんが、生きていく考えを年下の亭主から教えてもらったような思いもします。本当にありがとう。”

“アブノーマルなマッチに興味がある人妻をセフレにした”

“人妻のセフレを作るという参考を達することができたという内容の49年男性が書くPCMAX評定です。そのお恋人がエロい人妻で、色んなアブノーマルなレクリエーションを楽しんでいるようですね。こういう人妻のようにアブノーマルなレクリエーションに注目はあるけど、男は至極そんなことしてくれないから、そういったレクリエーションを楽しめる恋人を出会い系サイトで探す、という見本は結構多いのかもしれませんね。
【PCMAX評定・49年旦那(長野県内)】
人妻のセフレを作るという参考をこれから達成することができました! それも全くエロい人妻なんですよ。今までに5回くらい会ってるんですが、サクサクエロさもエスカレートしていきます。まず最初はこんな感じでした。「次はローター差し向けるからね!」って(笑) そしてまたその次には、「今度は電マ差し向けるから使ってね!」という感じで、会を重ねるたびにグングン過激になってくるんです。色んな出会い系サイト評定に、「人妻はエロい!」とか書かれていますが、今はまさにそれを実感してます。この前のセックスでは、束縛テープによってM言葉開脚状態に確立させて、電マで責めまくるというレクリエーションをしました。まぁアブノーマルプレイに慣れている第三者にとっては、これくらいは定番のレクリエーションなのかもしれませんが、わたしはこうしたレクリエーションをするのはライフスタイルではじめてだったので、ずいぶん興奮してしまいました。旦那もこのレクリエーションは以前からずーっと注目あったらしいんですけど、できる恋人がいなかったって言ってました。男はそんなレクリエーションは絶対にしてくれないらしいですし。マッサージチェアーとか、肘掛存在の椅子とかあったらさらにエッチなレクリエーションができるんでしょうけどね。M言葉開脚状態で、肘掛に拘束して電マやバイブ責めしてみたいですね。そして几帳や変装とかもやがてしてみたいですね。あんなアブノーマルなレクリエーションの後は、スムーズ程などのノーマルなセックスも当然するわけですが、甚だしく濃密で最高にすがすがしいスムーズ程になるんですよね。”

“清楚な人妻がフェラ贔屓の淫乱女に豹変するセックストライアル記”

“人妻とのセックスが綴られたPCMAXクチコミです。清楚な人妻が愛撫の最中に切替が入って、狂ったようにフェラを始める、というのがどうしても妙にリアルでエロいですよね。その人妻が加来千賀子似というので、心底最高のお目当てですよねぇ。
【PCMAXクチコミ・49年齢メンズ(鹿児島県内)】
俺は最上級でもっとドスケベログを書いていたんですが、そのドスケベログを見てメールアドレスしてきてくれた女性がいました。ドスケベログばかり投稿してるから、ログがきっかけでの鉢合わせなんて無理強い薄いだろうなと、思ってました。メールアドレスをくれた夫人のプロフを見てみると、アバターすらないしヒミツばかりで考えすら余白だったので、これは一番冷やかしか法人だろうと思いました。なので最初は見送りしようと思ってたんだけど、何だか何度かメールするうちにズルズルと会う確約を通してしまったんです。そして半信半疑という心持ちでランデブーの大き目スーパーマーケットパーキングへ行きました。巨漢が来たりドブスが来たりしたら逃げようとしてました。すると淡いピンクの愛くるしい軽が横に停まったんです。そしてその軽から、色白で細身、加来千賀子にムードが通じる綺麗な女性が降りてきました。ここはスーパーマーケットだから客人だろとしてたら、助手長椅子の窓をコンコンとノックされました。おや!真面目!?心底?41年齢で身長は160㎝で、乳はCカップ。最も脚が可憐でした。そこまで欲求はしていなかっただけに、必ずやありがたい誤算でした。そして専ら近くの古びたラブホに行きました。旅館の部屋に入って直ちに早くキス。胸に腕を当てただけで彼女は吐息を漏らした。二度とその時点でちん○は全勃起具合。入ったラブホはまことに古くて、出費は本当にシューターだったんです。二人で思い出深いね~~と感激しながら笑ってしまいましたよ。今でもシューターってあるんですねぇ。そしてソファでキス。舌を絡ませると、アアンと身悶えてもっと昨今まれに見るほどの全勃起。今や根気できなかったのでこのままソファーでやっちゃいたかったけど、オヤジオジサンの僕は恐らく臭いから初めて我慢してお風呂へ。お湯を弾力に風呂場へ行ってみると、想像した以上にいやに小さい。二人で入るとなかなか手狭みたい。浴槽でネチョネチしてハメハメするのが穴場だけどセキュリティーかな。ソファーで暫く語学をする。ダイアログをのほほんと聞いてみると、こどもがカップルいるらしい。パパは長期出張が多くて、セックス返信具合が伝わるらしい。普段は絶対に言わないようなことまで何かと話してくれた。とっても話し込んだので、気が付いたらお風呂が溢れてるっ!流石に二人で入るとキツかったけど、背後からとっくにツンと立った乳首を両手でクリクリするとアアン、アアンと悶えている。右で乳首をクリクリしながら左を少しずつ下へ。これからヌルヌルだった。クリをクリクリするとビクッとして凄まじく悶え始めた。とうに入れたく入れたくて所作なかったけどここは我慢する。体調を拭き合い、歯みがきを通していざベッドへ。上がって来た彼女が「もっと暗くして良い?」と聞いてきたので、「禁忌」と答える。「君の眩しい裸を敢然と見たいから」などと言いながら唇を重ねる。熱い吐息と私悶える体調。お碗種別の綺麗な母乳がほんとに眩しい。ピンと立った乳首を口に含んで舌を転がすとアアンと体調を仰け反らして感じている。共の母乳を揉みながら、へそにかけて舌を這わせていき、ゆっくりと潤ったアソコへ。淫靡な芳香を放つアソコはこれから氾濫具合。大きくなる喘ぎ所見に動作して俺のおちんちんも根気汁でヌルヌルになっている。ピンクに染まったクリを舌や唇でやさしく愛撫する。どっさり溢れてくる情愛液。再度キスをしながら彼女の腕をおちんちんに誘うと、狂ったようにフェラをし始めた。ここにはちょっと驚嘆。清楚さの中の淫乱。ずばり理想のマミーだ。体勢を変えて69に。バックに回り、背中に舌や這わせ、両母乳を揉みしだくと入れてほしいという物腰。気付かないぶりを通して後ろからクリを刺激すると「リクエスト、とうに入れて」と懇願された。俺がベットに仰向けになると、すこぶる手慣れた状況で口においてゴムを着けてきた。ここには心底驚く。ひょっとして、風俗の経験があるのかな? ただただ騎乗前後から座前後、後背前後、スムーズ前後、まんじ切り崩しに騎乗後背前後と何度も体勢を変えて挿入する。彼女は何回イッタのかもう思い付かくらいだ。「あ~涼しい!すがすがしいよ~!」と連呼していた。ただ俺は流石にとうに幼くないし、一時払いイッたら二度と禁忌みたいだ。後、二人で風呂に入って体調を洗いっこした。そしてお茶を飲みながら、また会う確約を通してこういう古びたラブホを出た。待ち合わせた場所に送り届けながらちょい気になったのが、彼女の顔に陰りが見えるとき。何か奥深いリスクがあるのかも知れない。でも、この関係で深入りは出来ないし、してはいけないという。「それではまたね!」と腕を振った場合その陰りが一層激しくなった気がした。意外とまた会えるのだろうか。”

“一夜限りの異性が生活最大のロマンスへと発展していく41歳人妻の吐露”

“「一夜限りのロマンスの予定が、人生で最大の恋愛に発展していく」。そういう事って出会い系サイトでの顔合わせではよくあることのように思えます。ロマンスというのは、心からどうして発展していくのか、大いに分からないですよね。そこにはセックスの宿命というのもきつく絡んでくるんでしょう。
【PCMAX評定・41年代熟マミー(熊本県内)】
ここで知り合った自分のダディーと一夜限りの女房ごっこを楽しみました。人は会って即宿屋なんてこともあったけど、亭主は夜景を見に連れて行ってくれて、それからドライブして、オート販売機会で一緒にドリンクを買う、、あんなありきたりのデートが私には相当斬新でした。一緒にいるときは手厚く髪を撫でてくれ、今までの女房にもされたことのないくらい丁寧にそして大切に扱ってくれた。実に幸せで気持ちいい年月でした。夜、断然睡魔は襲ってきて、ただただ宿屋へ行きました。ベットの中で亭主は、「やたら近づかないで。襲っちゃう。」と髪を手厚くなでながら、抱きしめながらそんなことを言って貰える。でも既に私は機嫌を固めていたのでわざわざ近くに行って亭主の牛乳の中で外見を埋めてみた。「差し止めでしょ?襲うよ?」と言いながらも抱きしめたしかたを離さない。じれったいなぁ、、と思った私は背中を向けて、亭主の平手が私の胸に触れるようにした。そして益々理性を飛ばしてあげたくて、ゲンコツにキスを通じてみた。これで完全にストッパーはなくなった。「○○をめちゃくちゃとして素晴らしい?」と、私のもろい耳に亭主は息吹を吹きかけながらささやいた。私はうなずいた。亭主のグッズを牛乳にわたり挟むと亭主のグッズは広く硬くなっていく。そして私は驚くこととなる。「ヤバくない??え、、40過ぎてここまで反り返る??」私は驚いてしまった。そしてそれが中に入った時、今まで届かなかった要素に当たって全身のテクノロジーは完全に抜けていった。なにこっち、、こんなにも気持ち良いものだっけ。この人まずい、、嵌る。その間も髪をなで、やさしくキスを通じてくれ、大切に大切に扱われた。一夜限りの女房ごっこだったのに、更に会いたい、、統制悪業を犯してでも会いたい。そう思っている自分がいることに亭主と離れてから気づいた。”

“騎乗近辺が大好きな46歳熟奥様の秘密のラブホデート”

“46年齢の熟妻が書くPCMAX口コミです。ウィークデイの昼から奔放にラブホでセックスデートを重ねているようですね。騎乗辺りが大好きなようです。エロい熟妻の騎乗辺りって本当に気持ち良いでしょうね。三線の稽古前にひとまずセックスして、また戻ってきてセックスするというのも凄いですね(笑)
【PCMAX口コミ・46年齢熟妻(神奈川県内)】
こんばんは。彼氏と1戦交えてから2間側三線稽古でアタシ1人だけラブホを抜け出しました。1戦目線は大好きないつもの騎乗辺りから円滑位で彼氏の溜まった製品がごっそり沸騰。惜しくも間かけたかったけど久方振りだったし彼氏の根気が持たずにフィニィシュ~。でも萌えましたよ~。で三線稽古からラブホに戻ってから清算の間までは約1時間位。戻ると彼氏が猫が飼い主に甘えるように背中から「ゴロニャ-ゴ」って(笑) それが何か可愛かったしせっかくだからサクッと2戦目線。今度はお留守番のご褒美に中取り出しサ-ビスしちゃいましたよ。チャック圏外20取り分前に卒業。今日は単なるハブニングもありましたけど何ともだいぶ楽しいデ-トでしたぁ。三線稽古を間に挟んでの2回戦はひどく気持ちよかったです。”