“一夜限りの異性が生活最大のロマンスへと発展していく41歳人妻の吐露”

“「一夜限りのロマンスの予定が、人生で最大の恋愛に発展していく」。そういう事って出会い系サイトでの顔合わせではよくあることのように思えます。ロマンスというのは、心からどうして発展していくのか、大いに分からないですよね。そこにはセックスの宿命というのもきつく絡んでくるんでしょう。
【PCMAX評定・41年代熟マミー(熊本県内)】
ここで知り合った自分のダディーと一夜限りの女房ごっこを楽しみました。人は会って即宿屋なんてこともあったけど、亭主は夜景を見に連れて行ってくれて、それからドライブして、オート販売機会で一緒にドリンクを買う、、あんなありきたりのデートが私には相当斬新でした。一緒にいるときは手厚く髪を撫でてくれ、今までの女房にもされたことのないくらい丁寧にそして大切に扱ってくれた。実に幸せで気持ちいい年月でした。夜、断然睡魔は襲ってきて、ただただ宿屋へ行きました。ベットの中で亭主は、「やたら近づかないで。襲っちゃう。」と髪を手厚くなでながら、抱きしめながらそんなことを言って貰える。でも既に私は機嫌を固めていたのでわざわざ近くに行って亭主の牛乳の中で外見を埋めてみた。「差し止めでしょ?襲うよ?」と言いながらも抱きしめたしかたを離さない。じれったいなぁ、、と思った私は背中を向けて、亭主の平手が私の胸に触れるようにした。そして益々理性を飛ばしてあげたくて、ゲンコツにキスを通じてみた。これで完全にストッパーはなくなった。「○○をめちゃくちゃとして素晴らしい?」と、私のもろい耳に亭主は息吹を吹きかけながらささやいた。私はうなずいた。亭主のグッズを牛乳にわたり挟むと亭主のグッズは広く硬くなっていく。そして私は驚くこととなる。「ヤバくない??え、、40過ぎてここまで反り返る??」私は驚いてしまった。そしてそれが中に入った時、今まで届かなかった要素に当たって全身のテクノロジーは完全に抜けていった。なにこっち、、こんなにも気持ち良いものだっけ。この人まずい、、嵌る。その間も髪をなで、やさしくキスを通じてくれ、大切に大切に扱われた。一夜限りの女房ごっこだったのに、更に会いたい、、統制悪業を犯してでも会いたい。そう思っている自分がいることに亭主と離れてから気づいた。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です