“清楚な人妻がフェラ贔屓の淫乱女に豹変するセックストライアル記”

“人妻とのセックスが綴られたPCMAXクチコミです。清楚な人妻が愛撫の最中に切替が入って、狂ったようにフェラを始める、というのがどうしても妙にリアルでエロいですよね。その人妻が加来千賀子似というので、心底最高のお目当てですよねぇ。
【PCMAXクチコミ・49年齢メンズ(鹿児島県内)】
俺は最上級でもっとドスケベログを書いていたんですが、そのドスケベログを見てメールアドレスしてきてくれた女性がいました。ドスケベログばかり投稿してるから、ログがきっかけでの鉢合わせなんて無理強い薄いだろうなと、思ってました。メールアドレスをくれた夫人のプロフを見てみると、アバターすらないしヒミツばかりで考えすら余白だったので、これは一番冷やかしか法人だろうと思いました。なので最初は見送りしようと思ってたんだけど、何だか何度かメールするうちにズルズルと会う確約を通してしまったんです。そして半信半疑という心持ちでランデブーの大き目スーパーマーケットパーキングへ行きました。巨漢が来たりドブスが来たりしたら逃げようとしてました。すると淡いピンクの愛くるしい軽が横に停まったんです。そしてその軽から、色白で細身、加来千賀子にムードが通じる綺麗な女性が降りてきました。ここはスーパーマーケットだから客人だろとしてたら、助手長椅子の窓をコンコンとノックされました。おや!真面目!?心底?41年齢で身長は160㎝で、乳はCカップ。最も脚が可憐でした。そこまで欲求はしていなかっただけに、必ずやありがたい誤算でした。そして専ら近くの古びたラブホに行きました。旅館の部屋に入って直ちに早くキス。胸に腕を当てただけで彼女は吐息を漏らした。二度とその時点でちん○は全勃起具合。入ったラブホはまことに古くて、出費は本当にシューターだったんです。二人で思い出深いね~~と感激しながら笑ってしまいましたよ。今でもシューターってあるんですねぇ。そしてソファでキス。舌を絡ませると、アアンと身悶えてもっと昨今まれに見るほどの全勃起。今や根気できなかったのでこのままソファーでやっちゃいたかったけど、オヤジオジサンの僕は恐らく臭いから初めて我慢してお風呂へ。お湯を弾力に風呂場へ行ってみると、想像した以上にいやに小さい。二人で入るとなかなか手狭みたい。浴槽でネチョネチしてハメハメするのが穴場だけどセキュリティーかな。ソファーで暫く語学をする。ダイアログをのほほんと聞いてみると、こどもがカップルいるらしい。パパは長期出張が多くて、セックス返信具合が伝わるらしい。普段は絶対に言わないようなことまで何かと話してくれた。とっても話し込んだので、気が付いたらお風呂が溢れてるっ!流石に二人で入るとキツかったけど、背後からとっくにツンと立った乳首を両手でクリクリするとアアン、アアンと悶えている。右で乳首をクリクリしながら左を少しずつ下へ。これからヌルヌルだった。クリをクリクリするとビクッとして凄まじく悶え始めた。とうに入れたく入れたくて所作なかったけどここは我慢する。体調を拭き合い、歯みがきを通していざベッドへ。上がって来た彼女が「もっと暗くして良い?」と聞いてきたので、「禁忌」と答える。「君の眩しい裸を敢然と見たいから」などと言いながら唇を重ねる。熱い吐息と私悶える体調。お碗種別の綺麗な母乳がほんとに眩しい。ピンと立った乳首を口に含んで舌を転がすとアアンと体調を仰け反らして感じている。共の母乳を揉みながら、へそにかけて舌を這わせていき、ゆっくりと潤ったアソコへ。淫靡な芳香を放つアソコはこれから氾濫具合。大きくなる喘ぎ所見に動作して俺のおちんちんも根気汁でヌルヌルになっている。ピンクに染まったクリを舌や唇でやさしく愛撫する。どっさり溢れてくる情愛液。再度キスをしながら彼女の腕をおちんちんに誘うと、狂ったようにフェラをし始めた。ここにはちょっと驚嘆。清楚さの中の淫乱。ずばり理想のマミーだ。体勢を変えて69に。バックに回り、背中に舌や這わせ、両母乳を揉みしだくと入れてほしいという物腰。気付かないぶりを通して後ろからクリを刺激すると「リクエスト、とうに入れて」と懇願された。俺がベットに仰向けになると、すこぶる手慣れた状況で口においてゴムを着けてきた。ここには心底驚く。ひょっとして、風俗の経験があるのかな? ただただ騎乗前後から座前後、後背前後、スムーズ前後、まんじ切り崩しに騎乗後背前後と何度も体勢を変えて挿入する。彼女は何回イッタのかもう思い付かくらいだ。「あ~涼しい!すがすがしいよ~!」と連呼していた。ただ俺は流石にとうに幼くないし、一時払いイッたら二度と禁忌みたいだ。後、二人で風呂に入って体調を洗いっこした。そしてお茶を飲みながら、また会う確約を通してこういう古びたラブホを出た。待ち合わせた場所に送り届けながらちょい気になったのが、彼女の顔に陰りが見えるとき。何か奥深いリスクがあるのかも知れない。でも、この関係で深入りは出来ないし、してはいけないという。「それではまたね!」と腕を振った場合その陰りが一層激しくなった気がした。意外とまた会えるのだろうか。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です