“舐めてほしいと懇願する強烈にエロい人妻とのセックス”

“強烈にエロい人妻に出会い、セックスをしたという内容のPCMAX書き込みです。出会い系サイトを使ってると、エロい人妻に出会うことって本当に多いようですね。自分「舐めてほしい」と誘ってくる人妻って何だか凄いですよね。
【PCMAX書き込み・42年齢パパ(東京)】
この前の日曜日の夜の事例です。ここの掲示板を見た人妻から「舐めてほしい」という、どストレートな内容のメルアドがあったんです。そこでLINEIDを交換してラインで連絡を取り合い、0機会過ぎという深夜に会うことになりました。仲間は人妻ですよ。人妻も最近は平気で深夜に家屋を出ることってできるんですね。待ち合わせてアッという間に旅館に行き、そして座敷入るとアッという間に、貪るようにキスしてきました。もうこの際から強烈なセクシーさが伝わってきました。そして愛撫、それからご要望のクンニをたっぷりと時間をかけてしました。そしてこれから導入。妻は円滑位でも自分で腰を動かしていました。思いの外すごいはじめ回戦が終わった後、こちらは小憩しようと思っていたのに、総じて休憩する時間も無く、キスしながら指マンをおねだりされました。「あっ!すがすがしい!ふむふむ一段と!もっと大きく動かして!」などと言いながら、自分の清々しい位置を探り当てるかのように腰を動かしている見かけが心底エロかったですよ。こんなに娯楽に貪欲な女性は一番初めてです。何かと細かいご要望があるので(笑)、どうしても一所懸命頑張りましたよ。そして指マンでイクと、またアッという間に休憩することもなくコッテリフェラが始まって、依然として先程果てたばかりのチンコをビンビンにされて、自分から上に乗っかってきました。妻は騎乗周辺が一番好きな身構えらしいです。あまりにも酷い腰の振りにイキみたいになってしまったので、ひとたび抜いてからゴムを付け、円滑周辺、裏と身構えを変えながら突きまくりました。身構えを変えるごとに何度も何度も貪欲にイキまくっていましたよ。やっぱり今まで経験がないくらいの耐え難いセックスだったので、終わった後に疲れ果てて知らない間に眠ってしまったみたいなんです。ぱっぱと目が覚めると、もっと妻の感じはなく時間は既に午前の7機会でした。慌てて携帯をチェックすると、妻からラインが入っていました。「熟睡していたので先に帰りますね。今日は本当に気持ち良かった。有難うね。」という声明が4機会過ぎに入っていました。置いてきぼりは何か寂しかったですが、でも一体全体エラい出来事でした。人妻の欲情の凄さを身をもって知ったという感じですね。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です