“41年の人妻が語る年下の妻との天命最高の暇”

“41年の人妻が書いているPCMAX評定です。年下の亭主との鉢合わせが運命で最高の事柄であったと書かれていらっしゃる。確かに浮気の鉢合わせではあっても、そのように思えるは最高ですよね。
【PCMAX評定・41年人妻(岡山県内)】
最高潮で出会った25年の素晴らしい男子がいるんです。3日前に会って、3回目線のエッチをしました。いまだに体の命運が抜群で最高によかったし、はたしてキャラクターもいいし、きめ細かい最高の男子なんだけど、だからこそ別れるという気力をしました。「もう私と会うのは止めた方がいいよ」って、説教じみたことを言いました。むしろそういったゆかりは普通じゃないといえば普通じゃないわけですから。表面からは浮気のゆかりと言われて、さすが後ろ指を指されるわけですからね。まだまだ初々しいし、きめ細かいしクールんだから、すぐにでも若々しくて愛くるしい、素敵な恋人が見つかると思うんです。私みたいな40過ぎの人妻と会ってる退屈があればきちんと若い恋人を作りなさいって言いましたよ(笑) そして次の対象は私のような人妻ではなくて、独身人間にしなさいと。今までに出会い系サイトを思う存分使ってきて、沢山の年下の男と出会ってきたけど、こんな事を言ったのははじめてですね。あまりにもよろしい方だったし、本気で好きになったから。「そこまで言うなら、わかったよ。そうするよ。」って亭主に言われた時折無性に淋しい感覚になっちゃいましたけどね。でも冷静になって最近振り返ってみて、案の定これでよかったとしてます。別れ話をしてからの最後のセックスは、今までの運命で果たして最高の物質でした。セックスの最中に亭主が泣くので、こちらも年甲斐もなくポロポロと泣いてしまいました。浮気の鉢合わせであっても、これ程有難いゆかりになれたわけです。亭主との鉢合わせのおかげで、運命って捨てたものじゃないなぁって思いましたよ。ちょい大げさなコピーかもしれませんが、生きていく考えを年下の亭主から教えてもらったような思いもします。本当にありがとう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です