“セックス後に泣きだした人妻との一体感を感じたセックス見聞き”

“とある人妻との触れ合いとセックスが詳細に綴られたPCMAX感想です。人妻とのセックスが何でエラいのか、何できつく心地よいものになるのか、そのような事が細く書かれていて、相当共感できる項目でした。
≪PCMAX感想・44歳男性(三重県内)≫
今までで一番印象深い触れ合いについて書いてみたいと思います。そのお顧客は人妻氏でした。その人妻は会う前のメイルから、フラストレーションランクだということがもっと伝わってきていました。正に会ってみると、正に経歴に書いてあった街路というムード。すごい清潔感のある素敵な人妻氏でした。しかしその清楚な兆候は裏という感じで愛欲真裸。よっぽど溜まっていたのか、待ち合わせしていたコンビニエンスストアのパーキングで、家内が自動車に乗ってきて少し話をすると、もう舌を出しながら、凄いキスを通してきた。今まで10数人の女性に絶好調を通じて出会ってきたんですが、会って俄然こうしたエロいキスを通してくる淑女なんて何とかです。その感じにちょっぴり戸惑いながらも、家内の舌を受け入れるごとにこちらもどっさり興奮していってしまいました。とはいえ、いまだに午後だったし、傍らから丸見えの場所でこんなことをするのは、まだまだ恥ずかしかったです。なので、未だ求めてくる家内の唇をいったん引き離して、旅館へと向かいました。旅館へ向かっている時も家内は、おちんち○を上げ下げに擦るようにして愛撫を続けてました。その段階でとっくにショーツのミドルは根気汁でベトベト状態です。こんなにおちんち○を欲している女性に出会うというのも実際ようやくでした。そして旅館のパーキングに自動車を止めた局面、これからその瞬間が訪れたという感じで、両方が待っていたかのようにお互いの唇を貪り合いました。こちらも話題に興奮してしまい、衣料の上から胸を揉みしだき、家内の唇から漏れるため息を存分に楽しみました。そしてついに機嫌を抑えて自動車から降り、旅館の中に入るまでの時も家内の腰に手を回して、彼氏の様に一緒にホールを選びました。もっと顧客の事が愛おしくて貧弱という、二度と長く付き合っているような気持ちになっていました。そしてエレベーターに入り、どこからとも無くきついキス。玄関が開いて誰かが乗って欠けるかとドキドキしながらのキスは一層二人の昂奮を高めてくれました。そしてエレベーターを降り、いよいよ内部へ入りました。漸くツーショットの自由な空席として、本能のままにお互いのボディーを求め合いました。家内は着ていた可愛いお洒落なワンピースを自分で脱ぎ、己もはやる機嫌を抑えて自分の衣料を精一杯脱ぎ捨てました。まずはソファーに行き、己は後ろから、人妻の胸をゆっくりと愛撫しました。乳首が硬くなるのがよく分かりました。乳が凄い感じるようで、胸を愛撫やるだけで喘ぎ感想がガンガン広く卑猥になっていきました。家内も根気出来なくなったようで、ボディーを反転させておちんち○を初めはやさしく口に含んでくれました。そういった情愛をがっちり感じるフェラは意外と涼しいものですよね。少しやさしく舐めてくれたその後、はしたない会話をさせながら、めざましい情熱的なフェラに切り替わりました。とにかくこんなに涼しいフェラはついにです。それからの事は胸中が純白になってしまってきちんとしばしば覚えてません。本能のままに両方を求め合っていたと思います。そしてしばしば覚えているのは、最後に家内は己の二の腕枕の中で涙を流していた、ということです。久方ぶりのセックスでそういった状態になる人妻って結構多いは聞いた事がありましたが、正に経験したのはついにだったので、驚いてしまいました。でも驚くと共に心から愛情おしいと感じました。第三者とここまで一体になれるなんて事をいよいよ知ったし、それは崇高な事例だと感じましたね。必ず素敵な触れ合いとなりました。”

“住居ライフスタイルから解放されて面白みの世界をめぐってみたいと願う人妻”

“人妻とセフレつながりにおけるという52年男性が書いているPCMAX評価です。彼女の人妻は、「私を非常識としてみたい。リアルな家ライフから解放される、夢のマーケットをめぐってみたい。疼痛と歓びの狭間を彷徨いたい。」という要望があるようで、それが妙にリアルに思えました。

≪PCMAX評価・52年パパ(千葉県内)≫
こういうPCMAXの日記に、SM日記を思う存分書いていたので、それを見て主人はメルアドしてきてくれたんです。それが最初の突破口でした。それからセフレつながりが続いてある。主人は人妻です。夫はとうに2世代限りもセックスがないようですね。最初は奥手だった主人も、段々と回を重ねる毎に申請はツライものになってきました。私を非常識としてみたい。リアルな家ライフから解放される、夢のマーケットをめぐってみたい。疼痛と歓びの狭間を彷徨いたい。といった売り物でした。そこでさほど私の好みではないんですが、展開マッチを提案してみたんです。2都度宿屋で展開を試みて、少しづつオマ○コ展開を通して行きました。疼痛に苦悶の風貌を浮かべ、そして苦悶の風貌の余裕から、微笑も見られるという不思議な瞬間なんですよね。潤滑剤をたっぷりと使い、オマ○コだけでなく全身に原動力を与え歓びのプランへといざなっていくわけですね。嗚咽が漏れると、歓びの風貌を打ち消す様に、腕をオマ○コに必ず押し込み、「厳しい、未だに不可能。厳しいよ、依然として。」そういう音声を聞きながら、又もやクリトリスからアナル、やさしくスリルへと案内していくわけです。往きつ戻りつを何回も繰り返して、展開を通していくわけですね。そしてとある段階で、ちょっと不可能をすれば入る様態まで来ていると証拠しました。3回瞳の展開、主人の大きな音声とともに私のこぶしが見事に主人の体内に入りました。膣内でこぶしをグゥー、パー、グゥ、パーと動かすと主人の顔つきから苦悶が消えて穏やかな顔つきに変って行きました。「○○さんのこぶしが身体の芯におけるのが判ります。」嬉しそうに言ってくれました。一度でもこういう歓びを味わってしまうと、とうに逆戻りはできないと思います。”

“ミニマム2回はイカないと満足しない甘えん坊の熟淑女”

“フォト存在のPCMAXレビューを見つけました。どこにもいそうな普通の受け取りが逆にソソられますよね。49年齢には思えないような綺麗な後ろ姿ですよね。セフレ縁になると、何かと面倒臭いことは省いてやにわに旅館へ直行して、一際ヤリまくる、という縁になれるからそれがありがたいですよね。お互い、想いに素直になれるはいいことだ(笑)
【PCMAXレビュー・51年齢夫(埼玉県内)】
こういうおばさんは約半年間に渡ってエッチ目的で会ってました。お年は49年齢。身長は162㎝でウエイトが48㎏。流儀はいたって普通で髪はショートでブラウンという感じの熟婦人でした。しょっちゅう待ち合わせしてから、モデルで旅館へ直行というモデル。それから2~3暇くらいやっぱりセックスしまくるという受け取りでしたね。主人はMで、イかせないとおねだりしてくるんです。絶えずミニマム2回はイキたいと言ってました。熟婦人なのに甘えん坊ちゃんで可愛らしかったですね。それにアソコの毛がとっても濃くて、それが私の亢奮を再度高めてくれました。一際つながりが良かったのに、最後は小さな口論をしてから人並み消滅みたいになってしまいました。残念ですが、また新セフレを探したいとしています。”

“初々しい男性にフェラしてあげることが大好きな熟女人女房”

“46年代熟女系人妻の愉快メルアド体験談です。こういう体験談の熟女もそうですが、フェラ好みの熟婦人ってほんとに多いような気がしますね。テクニックがあってきめ細かい熟婦人を望んでいる初々しい紳士と、若い紳士とセックスしたいと思っている熟婦人でお互いの消耗がきちんと合うことって多いんでしょうね。生まれの離れた恋とのセックスってどんな形であれ興奮してしまうよね。
【愉快メルアド体験談・46年代人妻(都内)】wakaiekisu.png
若々しい中枢投入してきました~。なんてったって、お顧客の男性は30年代だ物、ムフフッ(笑) 若々しい中枢をはなはだ根こそぎ頂いてきました。例開示じゃなくて、本当に中にたっぷりと頂いちゃいました。ひと度じゃ全然足りないわ(笑) 5才は若返ったような貰い。お顧客の紳士も満足してくれたようで、また会いたいって言ってくれたのが嬉しかったです。単にフェラを通してあげた際、女の子のように喘いでいたのが可愛かったですね。しっかりした男性が、フェラの時にそんな感じになるのって凄く好きです。来週会おうに関してになったんですが、来週まで待てないな(笑) あのたくましい健康を思い出しながら自分で慰めることになりそうです。”

“騎乗位で自ら腰を振りまくる熟婦人との動物的喜びセックス”

“出会い系サイトのレビューでは、色んなエロい女房とのセックスが綴られている事も多いですが、こういう幸せメールアドレスレビューもこんな一つです。この婀娜くて気持ちいいセックスができるセフレを作ることができたら、セックスくらしは結構充実するでしょうね。羨ましいですよ。
【幸せメールアドレスレビュー・41年代旦那(愛知県内)】
ここを使い始めて3ヶ月目線で出会った熟奥様との事を書いてみます。日誌で絡んで直メの実例でした。恋人は答申。家内はいるけど苦手でOK出来なくてムシャクシャらしい。何だかお互いのチャンスが合わずメールアドレスで話すようになって月額半分くらい後に、なんとか会えることになりました。ただ生理なのでエッチは出来ないけど喜ばしい?って言われたので、「一向に大丈夫だよ」と答えました。ウィークデイの昼間に公園のパーキングで待ち合わせして、飯を食べにファミレスへ行きました。どんどんメールアドレスでやり取りしてた事もあって、お互いに緊張する軽々、たわいも乏しい物語で盛り上がることができました。ファミレスを出てパーキングに戻り、車内で会話してるとやにわにアームを握って来たので、そのアームを引き寄せて抱きしめた。ちょっぴり抱き合った直後、耐え難いキスにもつれ込みました。とってもエロいキスだったので女房の移植が入ったようです。ズボンの上から女房のアームが大きくなったアソコを触る。そしてファスナーを下ろしてきたので、自身は女房の耳元で「咥えたい?」と聞いてみる。女房は幾らか照れながらも「ええ」と頷く。ズボンを脱いでフェラしてもらう。貪るように音色を立ててのエロいフェラだったので、気持ちよくて真昼間の公園のパーキングで一気にイってしまった。丸々セックスもしたかったけど、生理だというのでしょうが無く次回会う宣誓を通してその日はお開きに。そして次の次の土曜の昼間にチャンスが当てはまるのでラブホへ行った。女房は前回もフェラしてくれただけなので完全にムシャクシャときのようで、ラブホへ入るなりキスのおねだり。女房いわく自身のキスはエロいらしい。そしてお風呂に一緒に入りベッドへ。キスから起源愛撫。アームマンしてるとすぐに潮吹き。素晴らしい容積でシーツがネバネバになった。それから前回同様の貪り尽くすようなフェラ。この前と同じようにマジ気持ちよかった。とっくに我慢できなくなった女房は自己またがってきて騎乗周辺に。そして自分から腰を振りまくっていた。それから背後、スムーズ周辺に。何回も何回も女房はイッていた。終わってみたら女房はグッタリ。グッタリしている女房にマッサージを通してあげたらイビキをかいて寝てしまった。これからも女房は獣ものの本能丸裸のセックスができそうで楽しみです。”

“41年の人妻が語る年下の妻との天命最高の暇”

“41年の人妻が書いているPCMAX評定です。年下の亭主との鉢合わせが運命で最高の事柄であったと書かれていらっしゃる。確かに浮気の鉢合わせではあっても、そのように思えるは最高ですよね。
【PCMAX評定・41年人妻(岡山県内)】
最高潮で出会った25年の素晴らしい男子がいるんです。3日前に会って、3回目線のエッチをしました。いまだに体の命運が抜群で最高によかったし、はたしてキャラクターもいいし、きめ細かい最高の男子なんだけど、だからこそ別れるという気力をしました。「もう私と会うのは止めた方がいいよ」って、説教じみたことを言いました。むしろそういったゆかりは普通じゃないといえば普通じゃないわけですから。表面からは浮気のゆかりと言われて、さすが後ろ指を指されるわけですからね。まだまだ初々しいし、きめ細かいしクールんだから、すぐにでも若々しくて愛くるしい、素敵な恋人が見つかると思うんです。私みたいな40過ぎの人妻と会ってる退屈があればきちんと若い恋人を作りなさいって言いましたよ(笑) そして次の対象は私のような人妻ではなくて、独身人間にしなさいと。今までに出会い系サイトを思う存分使ってきて、沢山の年下の男と出会ってきたけど、こんな事を言ったのははじめてですね。あまりにもよろしい方だったし、本気で好きになったから。「そこまで言うなら、わかったよ。そうするよ。」って亭主に言われた時折無性に淋しい感覚になっちゃいましたけどね。でも冷静になって最近振り返ってみて、案の定これでよかったとしてます。別れ話をしてからの最後のセックスは、今までの運命で果たして最高の物質でした。セックスの最中に亭主が泣くので、こちらも年甲斐もなくポロポロと泣いてしまいました。浮気の鉢合わせであっても、これ程有難いゆかりになれたわけです。亭主との鉢合わせのおかげで、運命って捨てたものじゃないなぁって思いましたよ。ちょい大げさなコピーかもしれませんが、生きていく考えを年下の亭主から教えてもらったような思いもします。本当にありがとう。”

“地味で真面目な人妻が淫乱レディースに豹変する瞬間の異様なエロさ”

“控え目で真面目な人妻との出来事を綴ったハッピーメールの感想です。人妻びいきの男性は多いですが、こういう感想のメンズのように、控え目で真面目な人妻がびいきという話をよく聞きます。そんな雰囲気の人妻が、いざセックスが始まると淫乱に豹変する、そのギャップが堪らないということなんですよね。こういう感想のなんだかそんな感じです。
≪ハッピーメール感想・45年齢メンズ(東京)≫
特に人妻って最高ですよ。俺はそれほど控え目で真面目な感想の人妻が好物です。前日もあんな控え目で真面目な感じで、しかもちょい陰りがある感想の人妻君に会ってきました。層は31年齢です。地下鉄の駅舎で待ち合わせ、カフェで1時間半くらいゆっくりとお茶しました。その後にコッテリセックスをするためには、こういう時間が結構大切なんですよね。そして各種異存を聞きました。パパは田舎への来訪が多くて、とうに半年くらい前からカップルライフも完全にすれ違い状態だとということです。やはり夜の慣習もなくなってしまったについて。まだまだ突っ込んで話を聞いてみると、1奴で慰める毎日が最近ずっと見えるようです。遭遇関連も前から期待はあったけど、まずまず本当に使うど根性は持てず、パパ以外のメンズと水入らずで会うのは、結婚式以後今が初めてということでした。そのお彼氏が個人だということでひどく嬉しかったですね。そしてカフェを出て、おもむろに手法を繋ぐと途端に台詞が少なくなり俯いてしまいました。いよいよ遭遇関連を使う人妻はそんな感じになる事が多いんです。ドキドキと引け目を感じながら、でもこれからの成長に期待しているという域なんでしょう。そして単に宿屋へ。いいえ~、特に凄かったですよ、30過ぎた夫人の淫欲は。こんなにも地味な感想の奥さんなのに、エッチは淫乱本人。急変という台詞がまさしくぴったりですね。シャワーを浴びてベッドへ入るなり、「おちん○舐めさせて下さい」と言うのです。そして俄然アソコに舌を這わせてきました。丸ごと半くらい延々とフェラできるんです。しかもちん○の臭気を嗅ぎながら、欲情した表情で丁寧に舐めまくってくれました。フラストレーションときの夫人で、一旦メンズのアソコをずっと味わいたいという製図は結構あるんですよね。最高に気持ちよい30分間でした。そしてその後は、後ろ手に縛り上げでバックから責めたました。淫乱嫁さんは何度か昇天し、最後は嫁さんの顔つきに大量の精子をぶちまけました。渇求真っ裸のセックスができるあちらは素晴らしいですよね。素敵なセフレ原因を多少は続けていけそうです。恋人の目を盗んで更なる淫乱嫁さんへ躾していきたいとしている。”

“カップルという京都の紅葉ドライブデートを楽しむ人妻”

“人妻と素敵なデートを楽しんだという34年齢男子の書くPCMAX評定です。ただセックスをするというだけじゃなく、カップルというデートも楽しみたい!という人妻君らも多いのかもしれませんね。
≪PCMAX評定・34年齢男子(滋賀県内)≫
PCMAXで出会った明るいマミー君と走行デートを楽しんできました。恋人の方も、結婚してからデートなんて多分行ったことがないらしく、甚だしく楽しんでくれてよかったです。でも今は京都の紅葉が時期で一番の観光時期なんですよね。どこも極めて混雑してある。だから決してツーリストがいかないような地点を選んで行ってきました。お互いに既婚人という事もあるので、お気に入り的グランドをめぐってお弁当を食べて、マイカーでじりじりミュージックを聴きながらおもしろい間隔を過ごすことができました。全く相応しい気分になってきたので車内でキス。キスをしたら今や止まらなくなってきて、貪るようにお互いのボディを弄り合ってしまいました。でもいまだに昼だったし、宿屋に行く時間もなかったので、ついにそれだけで忍耐しました。パンツのインサイドはすでに忍耐汁で凄いことになってましたが(笑) 学生時代にうちに恋人を呼んだ機会、父母がいるからキスとペッティングだけでセックスはできないといったもどかしさを、こういう年代になって久しぶりに味わうことができましたよ。でも、アッという間にセックスしてしまうよりも、そんなのもたまにはすばらしいものですよね。また少なく会いたいとお互いにきつく思うようにもなりますしね。恋人は次はエステに行きたいって言ってました。初めての泊まりがけの不貞見物はちょっとストレスもしますが、ゾクゾクするくらい楽しみでもありますね。恋人ととことんまで行ってみようかな。”

“フェラ好きな人妻が洗わないで舐めるのが好きな要因”

“さっそくフェラ好みだという42歳人妻が書いているPCMAX体験談です。このように、出会い系サイト体験談(日記)というのは、自分の性癖や好みについて赤裸々に書かれていることも多くて、レディースの内心が知れて勉強にもなりますよね。でも洗わないでフェラするのが好みという女性は微少派かもしれませんが。

≪PCMAX体験談・42歳人妻(埼玉県内)≫
突如こんなこと言う女はマニアだと映るかもしれないけど、でも内心を言っちゃいる。あたしはペロペロと日数を仰山かけてフェラするのが大好きなんですが、基本は、ちんこは洗わないうちに舐める、ということですね。マニアと思わないでね。あなたの体臭テーストのあるうちに舐めさせて貰うということが、あたしの根源です。だって洗った先々ってテースト乏しいもん。なんか物足りなく感じちゃう。熱血範囲が全く向かうんです。あたしは前世はフランスヒトかもしれないですね。だってフランスヒトってセックス前に絶対にシャワーを浴びないっていいますよね? あの有名なナポレオンは競争から帰る年月、「今から帰るからお風呂に入らないで待っておくように」と女に連絡していたようですしね。どうしてもの雑学でしょ(笑) エッチは何かと知識があるんですよ。生温いちんこを求めている。あたしはマニアなんじゃなく、自然体のセックスマシーンです。結婚してからも定期的に彼以外のおちんちんを欲してしまう低い女です(笑)”

“67年代の熟奥さんと出会い系サイトで出会ったクチコミ”

“どうしても凄まじいPCMAXのクチコミを見つけましたよ。65年齢の男性が書いているクチコミなんですが、67年齢の至って熟女房といった女性との遭遇とセックスに関して綴られていました。こういう階層になっても依然として出会い系サイトを使うパーソンはそこそこいるのかもしれませんね。
【PCMAXクチコミ・65年齢男(大阪府)】
無礼かと思ったんですが思いきって家内に階層を聞いてみると67年齢に関してでした。自身より同年代ちょい上の奥様でした。個々人よりも年上の女性に会う事があるとは本心もしませんでした。ご主人は10年頃くらいはセックス受け答えだと言っていました。自身と同じ様にエッチがしたくても出来なかった、に関してらしいです。また夜中に自分エッチばかりして過ごしていたらしいですが、ずっとこんな生涯を続けているとフラストレーションがたまりすぎて念頭が変になりそうだとも言っていました。ある時、思い切ってご主人にエッチを要求したら、きちんと贔屓なら誰でもいいから他の男としろ、 言われたようです。そういう失礼な彼氏を見返してやりたくてマックスに入力らしいです。でもかなりの階層なので、今まで断られてばかりだったらしい。 そして今回、自身と会えて正によかったと言い、だからはなはだエッチを通して下さいと頼まれたのです。ご主人はなんでセックス受け答えになったかという動機も話してくれました。彼氏が糖尿病でセックスを医院からエンディング陣て以降、至って勃起しなくなり、セックスに視線が無くなって、求めてもちんぽが立たないようになったようなんです。ある時は彼氏の前部でオナニーしたこともあるらしいんですが、それでも立たなかったようです。そんな感じだったので、自身とのセックスはほんとに本能むき出しで、貪るように求めてきました。そして最後は自身に抱きついてきて泣いていました。こんなチャレンジは何とかだったけど、でもよかったとしてある。もはや会う事はないと思うんですが、出会えてちゃんとよかったです。”